Immersive Media Designと技術的無意識

ブログを再開しよう再開しようと思いつつ、先延ばしにしてきたツケがそろそろ出てきました!ので、2014年は「文章系のアウトプットを増やす」をモットーに頑張ってみたいと思います。

中心とする対象読者は僕個人を直接知っている人々で、僕に対して「こないだこう書いてたけど」ができるといいなと目論んでいます。折角の新年ですので、今年やりたいなーと思っていることを2つほどまとめてみます。

1. Immersive Media Designの実例づくりに取り組む

さて、昨年あたりから、建築系の人々(具体的には建築系実況で有名な石川翔平、ブログはこちら:http://siskw.hatenablog.com/ )と合流して、モノとコトの融合とはなんぞや、ということを「Information」「Architecture」あたりをキーワードに考え始めています。これらの取り組みは今年前半くらいから世に出していきたいなと思っています。

上記に書いたようなことは数年前と比べれば理解されやすいはずです。世間では、コンピューティングとの接点が多様化し、以前よりもPervasiveな状態になりつつあるところ。Google GlassやProjection Mapping然り、インタラクションを画面以外のもので体感する機会は着実に増えていて、まだまだ汎用化には程遠いものの、今年は一定以上の盛り上がりを見せるはずです。折しも紅白のPerfumeのPerformanceで、リアルタイムマッチムーブの素晴らしい実例を見ることができたりもしましたね(残念ながら嵐のそれは見逃しました)。NHKの生中継という過酷な現場で展開されるものを、短期間で作ることにGoサインが出てしまうくらいの経験値が溜まっているわけです(下の映像はFacebookで教えてもらいました)。

参考:2012年大晦日、Perfume&嵐の舞台裏! 「第63回NHK紅白歌合戦」にみる革新的パフォーマンス
http://white-screen.jp/?p=23901

こうした例を見ると、3D関連技術は一定の転換点を迎えているのはまず間違いありません(本来の意味での「拡張現実」を達成しつつあるといえば、分かる人には分かりやすいのかもしれません)。描画系の技術がある程度成熟してコモディティ化し、今は多様なセンサーの入力や情報をフィードバックし返す仕組みが、メディアアートやデモンストレーションの域を超えて広がっていく段階にきています。

実空間を介した没入的メディアのデザイン(Immersive Media Design)を前提としたIAやUXへの要望はこれから現実的に高まっていくでしょう。「Immersive Media Design」の実際をアーキテクチャとして具現化していくことに今一番の関心があるので、今年は先ず1個か2個、プロジェクトをやってみようと思っています。

2.モバイルデザインパターンを改めて振り返る

時系列的にも、またメディアの形態としても、「Immersive Media Design」の前哨戦として現れたのがモバイル端末(端的にいうとiPhone)といえると思うのですが、突如登場した「モバイル端末のUI」が実務者の間で整理された状況にはまだないように思います。幾つかまとめられた書籍も読みましたがどれも感覚的な説明が多く、未だ、デスクトップを中心としたWIMP型のUIと、Post-WIMPともいうべき新しいUIが置かれている前提の違いを、明快に解き明かしたものはまだありません(これがそうだよ!というのがあれば是非ご教授いただけたら嬉しい!)。個人的には、この辺りにも貢献していきたいと思っています。

これからのメディアデザインを考える際に欠落しているパーツは本当にまだまだあって、先ほどから出している「没入的」というワードだけでも、実際に取り組んでみると非常に深くて難しい問いです。もはや私たちは「物理的に人を取り囲む」というだけでなく、その使用者たちの持つ「時間や状況に応じて変化するコンテクストを引き受ける」ところまでを踏まえなければならないことを知っているからです。

それらの(これから提唱されていくべき)パーツ群の中で、個人的には、技術の変化が引き起こした文化の転倒現象(ドブレがいうところのの「技術的無意識」)の問題で、iPhoneを扱うようになって我々の何がどう変質したのか、あくまで実務者レベルでの話でこそあれ、極度の単純化を避けながら理解を深めていきたいと思っています。そのためにも再度ドブレを読み直そうと思っているので、お付き合いくださる方絶賛募集中です。

それでは今年もよろしくお願いします!

注1:ちょうど、長谷川さんと浅野さんが始められた「architexture」というIAに的を絞った批評コンテンツで発表された『コミュニケーションとアーキテクチャの現景〈1〉「エゴコンテクストコミュニケーション」の時代・前編』が、大変面白いので、共有しておきます。個人的には、後者のリンクの「コンテンツの逆襲」の方が生々しくて分かりやすいと思いますので、あわせて是非。
http://www.architexture.jp/201312/172.html
http://blog.iaspectrum.net/2013/11/29/contextstrikesback/

注2:2番目の題目は、改めて「意味のエコロジーとは何か」を読み直しながら書きました。
http://www.nulptyx.com/pub_ecology.html

ディスカッションに参加

6件のコメント

  1. > 突如登場した「モバイル端末のUI」が実務者の間で整理された状況にはまだないように思います。幾つかまとめられた書籍も読みましたがどれも感覚的な説明が多く、未だ、デスクトップを中心としたWIMP型のUIと、Post-WIMPともいうべき新しいUIが置かれている前提の違いを、明快に解き明かしたものはまだありません

    『モバイルフロンティア』はどうでしょう? ちなみに、ぼくは「WIMPにおける決定版であるところのAbout Face 3」のタッチパネル版と言うべき本は欲しいです。

    > もはや私たちは「物理的に人を取り囲む」というだけでなく、その使用者たちの持つ「時間や状況に応じて変化するコンテクストを引き受ける」ところまでを踏まえなければならないことを知っているからです。

    「変化するコンテクスト」と「没入」ってそもそも相反する要素だから難しいですよね。コンテクストを均すほど、体験も均されるので(例えば家庭用ゲーム機や劇場映画)。

    ドブレ読んでないので興味あります。

  2. > > もはや私たちは「物理的に人を取り囲む」というだけでなく、その使用者たちの持つ「時間や状況に応じて変化するコンテクストを引き受ける」ところまでを踏まえなければならないことを知っているからです。
    >
    > 「変化するコンテクスト」と「没入」ってそもそも相反する要素だから難しいですよね。コンテクストを均すほど、体験も均されるので(例えば家庭用ゲーム機や劇場映画)。

    付言すると、それゆえ、「引き受けすぎ」の問題も生じると思っています。没入する必要がないデザインにおいては、HCD(ペルソナ/シナリオ法などによるコンテキスト・オブ・ユースの「特定」)をやりすぎず、(東浩紀流の「郵便的」な意味で)ACD的な「素材」的UIをゴロッを提供する路線も大事だなと。ぼくは最近そっちですね。ACDやモードレスUIの方向で模索しています。言い換えると「体験」とか「没入」といった「全体性」にまで突っ込んでいくのはやめてます。

  3.  「モバイルフロンティア」は今手元に本がないので記憶に頼りますが、あの本の「CLIからOUIへ」という進化史の説明だけでは必要な説明になっていないと思っています。先ほど石橋さんが「ユーザー・インターフェイスの進化の本質」で触れられていた、ソシオメディアさんの「モードレス・ユーザインターフェイス」の方が正統な説明だと思います。まさしくWIMP、つまりオーバーラップウインドウでアランケイが目指していたのは、NLSなどで使われていたCUIを一般化するにあたって分かりにくかったモードの概念の排除であって、「モードレス」をPost-WIMPでどのように実現するのか、こそが問われて然るべきではないかと。(あ、まだ「モーダルからモードレスへ」の抽象化に関する本旨のところは読み込めていないので、そちらは改めて。ちょっとした閃きがありそうなのでちゃんと読みます)

    ご指摘の通りで、「没入」の度合いをどこに置いて身を引くのか考えるのは必要ですね。僕が考えたいのはその線引のメソッドで、「本来分断するべきではないがアプローチが無理」なところに(ユーザの組織体制や文化の問題とか、あるいは)、どのような基本方針を取ってアプローチしたらいいのか、未だに非常に激しい混乱があるところでしょうか。

    ドブレがよく例えるキリスト教でいうと「聖書」が完璧でもダメで、宗教画や教会建築、教徒や神父、あるいは教会という組織制度(物象化された組織)が別軸として作用して、コンテクストを形成していることになります。そうした意味の循環するシステム全体の中での作用(伝達や媒介活動)を念頭に置きながら、UIの適度な度合いを探っていくことが肝要だという指摘です。例えば作用の例として「モードレス」は挙げられるかもしれません。

  4. 石川さん、年の初めにとても胸が躍るような記事を拝見して、すごく嬉しいです。ありがとうございます。
    今年いろいろやりましょう、ぜひ! 😉
    これからも引き続き、よろしくお願いいたします。

  5. あわわ、石川さんのブログと間違えてコメントしてしまいました…。あってはならない失礼をしてしまいまして、深くお詫び申し上げます。
    あらためまして、architextureにご興味お持ちいただき、大変嬉しく存じます。ぜひ、今後ともよろしくお願いいたします。
    本当に申し訳ありませんでした ><

  6. コメントありがとうございます(そして、どうぞお気になさらずw)
    architextureの展開はお話をお伺いしたときから、展開を楽しみにしておりました。
    こちらこそ今年もいろいろとお世話になると思いますが、どうぞよろしくお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です