電子書籍の衝撃:電子書籍の「制約」が見えない

先日「電子書籍の衝撃」という本をようやく読みました。読みながらTwitterに、ちょっと違和感がある、という呟きをちらっとしたのだけど、どうしてそう思ったか、少しだけフォローしようと思います。