SNSの役割は自分の中で終わったようなのでmixiやめるなう

表題はちょっと言い過ぎだけど、そう言っても過言じゃない時期に入ったみたい。仕事上のネットワークはLinkedinで十分につながれるし、Twitterで十分連絡がつく。

もはや、わざわざ、ネットワークのためのSNSはなくてもいい。リアルな自分とネットの自分が不可分なところまで、ネットは到達してしまってる。個人的に今、mixiを止めて困ることは何もない。

理由はいくつか。
・基本的に人の日記か、ニュースしか読まない。
・だが、そのほとんどが役に立たないか面白くない。
・本当に面白い記事は、他の場所でたくさん手に入る。
・僕への連絡先はこのサイトが存続する限り確立されている。
・Twitterにはダイレクトメッセージ機能がある。
・「もしも」の連絡に、mixiを使うことは実際には、ほとんどない。

この現状がmixiアプリの登場で変わるかといえば、そんなことは全然なかった。iPhoneがあるし、iPadも出るし、普段一緒にゲームをする友人とか、mixiアプリを共有したくなるマイミクなんて、本当に限られてくる。招待状受け取る側で、おおって思った事あります?ほとんどないです。

自分の仕事上は、mixiのユーザさん向けのフォローが必要になる局面もあると思う。だからmixiアプリ作るんなら、また再考しなきゃいけないですけど、それはまた、そのときに考えれば済む話。正直、それも実はちょっと疑問。だってテスティング用の会社のアカウント、あるしね。

最後に関しては幼稚園時代の同級生や先生だとか、そういうmixiしかつながりがない人たちとの連絡先を残す必要性はあるけど、それでも今つながっている人たちに、このサイトが認知されてれば個人的には問題ないという判断をしました。最低限、キーパーソンになる人の外部ブログは知っているし・・・。何かあったら、会社まで連絡くれればと思います。個人的なメールアドレスが知りたければ、お早めにご連絡を!

というわけで、告知期間1週間過ぎたらやめます。ほんとはFacebookとMySpaceも辞めたいなう。あーいう、つながること自体が目的化するSNSは青年期にこそ必要であれ、30代に近くなってきた僕らには、もう必要ないんじゃなかろうかと思う。

ディスカッションに参加

2件のコメント

  1. お久し振りです!
    バタバタした生活に日記も見過ごすところでした。
    院生って想像以上に拘束時間が多いのですね。
    まだまだ生活のリズムができずあたふたしています。
    きっと相変わらず忙しいのでしょうね。
    まずは、身体には十分気をつけて下さいね。
    こらからのご活躍を楽しみにしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です